冠婚葬祭 メガネについて

シーンに合わせたメガネ選びの重要性

冠婚葬祭向きとなる装飾品には、機能性となるメガネを身に付ける人もおられ、その場に適した色の1本を選択することは基本となるマナーです。
また、顔の形によっても見た目の印象を左右しやすく、喜ばしい場面や悲しみの場面など、重要な場面での見た目の印象を左右するため、選択に気を配ることも大切です。
例えば、丸顔によってふくよかに見えてしまう顔立ちの場合、レンズの上下幅が狭いタイプで面長に見せる効果が期待できます。
直線的なラインであればシャープでほっそりと見せることができ、冠婚葬祭となる様々なシーンで活用できるのが濃い色のフレームやハーフリム、縁なしタイプです。
縁なしは表情が相手に伝わりやすく、濃い色は収縮効果で顔全体を引き締めて見せるため、華やかなシーンでスリムな装いに見せられたり、悲しみのシーンでは悔やむ気持ちを表すことがメガネの選び方1つで可能になります。
また葬祭以外では、淡いカラーレンズを用いることも可能です。

Copyright(c) 冠婚葬祭 メガネ All Rights Reserved.