冠婚葬祭 メガネについて

冠婚葬祭時のメガネの選び方

冠婚葬祭時のスーツに関しては失敗することが少ないですが、メガネに関しては知らないうちに失礼なことをしている可能性があります。
たとえば、最近している人が多くなってきたブルーライトをカットするレンズがあります。
透明に近いブルーライトカットのレンズもありますが、色がサングラスに近い濃い茶色や黄色のものだとサングラスっぽく見えるので注意が必要です。
そして、最近はファッションとして太いフレームのメガネが流行っていますが、冠婚葬祭時は細いビジネス用のメタルフレームにしておいた方が良いです。
フレームの色も、赤や金などの目立つ色はなるべく避けてシルバーか黒にしましょう。
もしも、お葬式の時にファッションメガネしか持っていないと気づいた時には、その時だけ裸眼で行くかコンタクトレンズにしておいた方が無難です。
冠婚葬祭時に服装で失敗すると、後になっても親戚に色々と小言を言われたりすることもあるので、なるべく目立たないものを着用するようにしましょう。

Copyright(c) 冠婚葬祭 メガネ All Rights Reserved.